コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢貞忠 いせ さだただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢貞忠 いせ-さだただ

1483-1535 戦国時代の武将。
文明15年生まれ。伊勢貞陸(さだみち)の長男。永正(えいしょう)18年父の跡をつぎ,室町幕府政所(まんどころ)執事となり,終身つとめた。大永3年将軍足利義晴を自邸にまねいたときの記録「伊勢守貞忠亭御成記」がある。天文(てんぶん)4年11月24日死去。53歳。初名は貞霽(さだはる)。通称は七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊勢貞忠

没年:天文4.11.24(1535.12.18)
生年:文明15(1483)
戦国時代の幕府吏僚。貞陸の子。七郎,備中守,伊勢守。従四位上。大永1(1521)年,父貞陸の跡を継ぎ室町幕府政所執事に就任,将軍の家産や財政を掌った。時代は幕府衰運のときで,収入欠陥と,即位礼など皇家の儀礼費捻出に苦慮する。同3年に将軍足利義晴を自邸に招いた記録『伊勢守貞忠亭御成記』は,当時の幕府を知る基本史料として重要。同6年の徳政令の処理にも携わっている。

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

伊勢貞忠の関連キーワード伊勢貞孝没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android