コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢貞忠 いせ さだただ

2件 の用語解説(伊勢貞忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢貞忠 いせ-さだただ

1483-1535 戦国時代の武将。
文明15年生まれ。伊勢貞陸(さだみち)の長男。永正(えいしょう)18年父の跡をつぎ,室町幕府政所(まんどころ)執事となり,終身つとめた。大永3年将軍足利義晴を自邸にまねいたときの記録「伊勢守貞忠亭御成記」がある。天文(てんぶん)4年11月24日死去。53歳。初名は貞霽(さだはる)。通称は七郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊勢貞忠

没年:天文4.11.24(1535.12.18)
生年:文明15(1483)
戦国時代の幕府吏僚。貞陸の子。七郎,備中守,伊勢守。従四位上。大永1(1521)年,父貞陸の跡を継ぎ室町幕府政所執事に就任,将軍の家産や財政を掌った。時代は幕府衰運のときで,収入欠陥と,即位礼など皇家の儀礼費捻出に苦慮する。同3年に将軍足利義晴を自邸に招いた記録『伊勢守貞忠亭御成記』は,当時の幕府を知る基本史料として重要。同6年の徳政令の処理にも携わっている。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊勢貞忠の関連キーワードルイルイルターの家ヨーク朝伊勢貞忠松平清康県内の高卒予定者の求人状況平成新山雲仙岳周期表

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone