伊呂波短歌(読み)イロハタンカ

大辞林 第三版の解説

いろはたんか【伊呂波短歌】

いろは四七文字と「京」の文字をそれぞれ頭字に詠んだ教訓的な歌や諺ことわざ。また、それを集めたもの。「いつまでもたしなみおけよいろは歌読むたびごとに身の徳となる」「論語読みの論語知らず」「花より団子」など。江戸時代に盛んに行われ、双六すごろく・カルタにつくられた。いろはたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android