コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬も歩けば棒に当たる イヌモアルケバボウニアタル

デジタル大辞泉の解説

犬(いぬ)も歩(ある)けば棒(ぼう)に当(あ)たる

何かをしようとすれば、何かと災難に遭うことも多いというたとえ。
出歩けば思わぬ幸運に出会うことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬもあるけばぼうにあたる【犬も歩けば棒に当たる】

物事をしようとしている者は思いがけない災難にあうものだというたとえ。また、思いがけない幸運にあうことのたとえにもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の犬も歩けば棒に当たるの言及

【ことわざ(諺)】より

… 個々の諺の意味については古来から議論が多い。たとえば,〈犬も歩けば棒に当たる〉という諺は,すでに江戸時代において,思いがけず禍に出会う意と,幸いに出会う意の両様に解釈されていた。このような意味の多様性は,(2)の人生の機微を伝える教訓的な諺に多く,逆に諺の魅力ともなっている。…

※「犬も歩けば棒に当たる」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

犬も歩けば棒に当たるの関連キーワードいろはかるた犬棒ガルタ犬棒カルタ犬・狗災難当る

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬も歩けば棒に当たるの関連情報