コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卯杖 うづえ

6件 の用語解説(卯杖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卯杖
うづえ

新年に用いる邪気を払うための杖。梅,桃,ぼけなどの木でつくられ,いろいろな装飾が施されている。平安時代には正月初卯の日に,これを六衛府などから天皇,東宮に奉献する儀式があり,これを御帳の四隅に立てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

う‐づえ〔‐づゑ〕【××杖】

正月初の卯の日に、魔よけの具として用いる杖。柊(ひいらぎ)などの木を5尺3寸(約1.6メートル)に切り、2、3本ずつ5色の糸で巻いたもの。昔、宮中では六衛府などから朝廷に奉った。 新年》「古猫の相伴にあふ―かな/許六

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

卯杖【うづえ】

平安時代,正月上卯の日に諸衛府(えふ)から宮中に献上した杖。ヒイラギナツメ,梅,桃などで作り,邪気をはらうとされた。卯杖贈答の風は神社などの行事にもとり入れられ,伊勢神宮では内・外宮に奉納し,賀茂神社では社家の間に配り,和歌山市の伊太祁曾(いだきそ)神社では毎年正月15日に卯杖祭を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うづえ【卯杖】

正月の初卯の日に邪気をはらう呪具として用いられた杖。民間で年占や豊饒(ほうじよう)多産の呪術に用いられた〈祝棒(いわいぼう)〉の習俗に,中国伝来の剛卯杖の影響が加わってできたものといわれている。《日本書紀》持統3年(689)の条に見える例が最も早く,平安時代には大舎人寮や六衛府から宮中に奉献され,また貴族や後宮の女房が贈答しあった。この風習は江戸時代まで賀茂神社などの社家の間で行われた。また参詣者にも分かつようになり,天満宮初卯詣でには小型の卯杖が授けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うづえ【卯杖】

平安時代、正月上卯の日に地面をたたいて悪鬼を払った杖。梅・桃・椿などの木を五尺三寸(約1.6メートル)に切り、五色の糸を巻いて大学寮から宮中に献上した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卯杖
うづえ

正月における朝廷の年中行事。正月の初卯の日に、六衛府(ろくえふ)および大学寮、大舎人(おおとねり)寮などから、5尺(約150センチメートル)ほどの杖を天皇、東宮に献上する儀礼。杖によって、邪気を祓(はら)うという意味があった。中国の漢朝に起源があり、桃の枝で剛卯杖をつくり鬼を祓ったという。日本では持統(じとう)天皇の3年(689)よりその存在が確認され、平安時代に盛行したようすは諸儀式書や文学作品にうかがえる。南北朝時代の『建武(けんむ)年中行事』に記載されているが、その後は中絶したようである。[酒井信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卯杖の関連キーワード卯槌卯の花月初卯初卯詣で二十日正月仏の正月丑の日祭蟇目役巳正月晦日正月

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone