コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊木忠澄 いぎ ただずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊木忠澄 いぎ-ただずみ

1818-1886 幕末-明治時代の武士,士族。
文政元年生まれ。備前岡山藩家老。藩論を尊王にみちびき,元治(げんじ)元年(1864)と慶応2年(1866)の幕長戦争では派兵阻止のためにうごいた。明治4年藩の大参事。隠退後は茶道に専念した。明治19年3月20/23日死去。69歳。本姓は土倉。通称は若狭(わかさ),長門(ながと)。号は三猿斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊木忠澄の関連キーワードナンバースクール岩石区梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政ガーイクワール高遠藩寄席

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone