コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊木忠澄 いぎ ただずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊木忠澄 いぎ-ただずみ

1818-1886 幕末-明治時代の武士,士族。
文政元年生まれ。備前岡山藩家老。藩論尊王みちびき,元治(げんじ)元年(1864)と慶応2年(1866)の幕長戦争では派兵阻止のためにうごいた。明治4年藩の大参事。隠退後は茶道に専念した。明治19年3月20/23日死去。69歳。本姓土倉。通称は若狭(わかさ),長門(ながと)。号は三猿斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊木忠澄の関連キーワード清風与平(初代)津下四郎左衛門大西豊五郎伊木三猿斎明治時代吉備団子山下忠吉虫明焼士族

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android