コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みちびき みちびき

2件 の用語解説(みちびきの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

みちびき

2010年9月11日に打ち上げられた、準天頂衛星の初号機。GPS (全地球測位システム)を補完・補強するための衛星測位システムの一つ。これに続けて、あわせて3機の衛星を運用し、山間地、ビル陰に影響されず全国をほぼ100%カバーする高精度の測位サービスの提供を実現することを目指している。
準天頂衛星は、涙のしずくのような非対称の8の字形の軌道で日本付近を周回し、静止衛星と同様に地球の自転に合わせた周期をとる。このため、数機の衛星を運用することで、日本の天頂付近に少なくとも1機の衛星が常に見えるようになる。
GPSを利用して位置を3次元的に測定するには、少なくとも4機の衛星からの測位信号を受信する必要がある。このため、GPS衛星の位置が時間により山やビルなどの陰になる場所では、位置の測定が困難になる。これを補うために、準天頂衛星は現在運用中のGPS信号や米国が開発を進めている新型のGPS信号とほぼ同一の測位信号を送信する。準天頂衛星は常に天頂付近にあるので、ビルの谷間などでも信号が捉えやすく、GPSの機能を補完して、これまで困難だったエリアでも安定した位置測定を可能にする。
また、準天頂衛星は、GPSの精度をより向上させるための精密な補正信号を送信する。準天頂衛星からの信号を、これまでのGPSの信号に加えることでGPSの機能をさらに補強し、これまでよりも高精度な測位が実現でき、より正確で精密な位置情報を知ることができる。
さらに、GPSは米国の国防総省によって運用されているので、軍事的な理由により利用に制限が加えられる可能性があるが、準天頂衛星にはその懸念がない。これらの実現によって、衛星測位を利用した高精度の測量や地図更新の効率改善、交通機関など安全要求の高いことがらについての可用性や信頼性の問題が解決可能となり、衛星測位の利用の分野が大きくひろがると期待されている。信号を利用して各地で測位を行う利用実証は、3カ月の初期機能確認を経て、10年12月からを予定している。ただし、実用的な運用には3機程度の準天頂衛星が必要になる。2号機以降の計画は費用なども含めて未定であり、初号機みちびきの技術実証、利用実証の結果次第となる。
なお、衛星の名は公募され、「正確な場所へみちびく」機能や、技術の確立で「未来の新しい社会へみちびく」というミッション内容を的確に表し、最多の支持を得た「みちびき」が愛称となった。

(金谷俊秀  ライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みちびき
みちびき

宇宙航空研究開発機構(JAXA)により、2010年(平成22)9月にH-Aロケットで打ち上げられた準天頂衛星初号機。近地点約3万2000キロメートル、遠地点約4万キロメートルの楕円(だえん)軌道を軌道傾斜角約40度で、23時間56分かけて地球を周回している。大きさは6.2メートル×3.1メートル×2.9メートルで、打上げ時の質量は約4000キログラム。太陽電池パドルを展開すると25.3メートルになる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みちびきの関連キーワードおおすみサリュートTIROSひまわりH2BロケットH-IIAロケットSYNCOMTACOMSAT打ち上げ波跡龍勢祭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みちびきの関連情報