伊木忠貞(読み)いぎ たださだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊木忠貞 いぎ-たださだ

1612-1672 江戸時代前期の武士。
慶長17年生まれ。伊木忠次(ただつぐ)の孫。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主池田家の重臣伊木忠繁(ただしげ)の長男。元和(げんな)2年父の死により5歳で遺領3万7000石を相続。藩主池田光政の移封(いほう)にしたがって因幡(いなば)鳥取をへて,寛永9年備前岡山にうつり,19年家老となる。寛文12年閏(うるう)6月28日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android