伊木忠次(読み)いぎ ただつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊木忠次 いぎ-ただつぐ

1543-1603 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)12年生まれ。織田信長につかえ,美濃(みの)(岐阜県)伊木山の戦いの功により伊木姓をあたえられる。のち池田恒興(つねおき)に属し,慶長5年恒興の次男輝政(てるまさ)の播磨(はりま)(兵庫県)入国にともない,三木城主3万7000石となる。慶長8年死去。61歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓は香川。通称は清兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android