伊東 紅雲(読み)イトウ コウウン

20世紀日本人名事典の解説

伊東 紅雲
イトウ コウウン

明治〜昭和期の日本画家



生年
明治13(1880)年7月13日

没年
昭和14(1939)年4月2日

出生地
東京

本名
伊東 常辰

経歴
明治27年邨田丹陵に入門、土佐派を学ぶ。40年第1回文展に入選、以後文展で44年、大正元年ともに褒状を受け、4年には3等賞に。その後文展、帝展に出品を続け、昭和2年帝展委員となる。12年第1回新文展に「献甲」を無鑑査出品。故実に通じ、歴史画を多く描いた。この間安田靫彦、今村紫紅らの紅児会や、小堀鞆音の革丙会に参加し、晩年には朱弦会の活動にも加わった。また3年明治神宮聖徳記念画館壁画「御元服図」を制作した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android