コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐慶 いとう すけのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐慶 いとう-すけのり

1589-1636 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)17年6月13日生まれ。伊東祐兵(すけたか)の次男。慶長5年日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩主伊東家2代となる。7年主命にしたがわず清武(きよたけ)城にこもった家老稲津掃部助(かもんのすけ)を攻め,切腹させる。9年新検地の実施により5万7000石。寛永4年薩摩(さつま)藩領(都城)との間に境界争いがおき,11年島津氏に譲歩させ,有利に解決した。寛永13年4月4日死去。48歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

伊東祐慶 (いとうすけのり)

生年月日:1589年6月13日
江戸時代前期の大名
1636年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の伊東祐慶の言及

【飫肥藩】より

…日向国那珂郡飫肥に藩庁を置いた外様小藩。1587年(天正15)豊臣秀吉の九州出兵後,伊東祐兵(すけたか)が那珂・宮崎両郡に高2万8000石を給されたのが藩の興りである。2代祐慶(すけのり)のときに5万7086石の検地高をみたが,その後2度の分知があって総高5万1000石の石高が確定した。5代祐実は,1684年(貞享1)の地震によって被害をうけた飫肥城の修築,郷士制の制定,士農に対する盆踊の公認など果敢な政策を実施し,藩中興の主に位置づけられる。…

※「伊東祐慶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊東祐慶の関連キーワード生年月日伊東祐久嶺南崇六東禅寺日向国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android