コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐慶 いとう すけのり

1件 の用語解説(伊東祐慶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐慶 いとう-すけのり

1589-1636 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)17年6月13日生まれ。伊東祐兵(すけたか)の次男。慶長5年日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩主伊東家2代となる。7年主命にしたがわず清武(きよたけ)城にこもった家老稲津掃部助(かもんのすけ)を攻め,切腹させる。9年新検地の実施により5万7000石。寛永4年薩摩(さつま)藩領(都城)との間に境界争いがおき,11年島津氏に譲歩させ,有利に解決した。寛永13年4月4日死去。48歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の伊東祐慶の言及

【飫肥藩】より

…日向国那珂郡飫肥に藩庁を置いた外様小藩。1587年(天正15)豊臣秀吉の九州出兵後,伊東祐兵(すけたか)が那珂・宮崎両郡に高2万8000石を給されたのが藩の興りである。2代祐慶(すけのり)のときに5万7086石の検地高をみたが,その後2度の分知があって総高5万1000石の石高が確定した。5代祐実は,1684年(貞享1)の地震によって被害をうけた飫肥城の修築,郷士制の制定,士農に対する盆踊の公認など果敢な政策を実施し,藩中興の主に位置づけられる。…

※「伊東祐慶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊東祐慶の関連キーワード山本養仙常行稲垣重昭木村養元桑山一玄酒井忠行鳥居忠恒堀直定本多犬千代吉田林庵

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊東祐慶の関連情報