コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐兵 いとう すけたか

3件 の用語解説(伊東祐兵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐兵 いとう-すけたか

1559-1600 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)2年1月15日生まれ。伊東義祐(よしすけ)の次男。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)城主。島津義久・義弘に追われ,羽柴(豊臣)秀吉につかえる。天正(てんしょう)15年秀吉の九州攻めを先導し,16年飫肥城にもどる。関ケ原の戦いでは徳川方に属した。飫肥藩主伊東家初代とされる。3万6000石。慶長5年10月11日死去。42歳。名は「すけたけ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊東祐兵

没年:慶長5.10.11(1600.11.16)
生年:永禄2(1559)
安土桃山時代の大名。義祐の次男。初名祐隆。六郎五郎。民部大輔,豊後守。父義祐の全盛期であった永禄11(1568)年ごろ日向飫肥城(日南市)城主となったが,島津氏の侵出により圧迫され,天正5(1577)年には父と共に大友氏を頼って豊後に亡命。翌年11月の耳川の敗戦で伊予に流寓した。同10年豊臣秀吉に仕えて河内半田村500石を領し,その九州攻めに際しては黒田孝高に従って案内役を務めた。宮崎,諸県を与えられ,同16年8月には飫肥地方の旧領3万6000石を回復。文禄・慶長の役にも従軍した。関ケ原の戦では東軍(徳川家康方)に属したが,大坂で発病し死去。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いとうすけたか【伊東祐兵】

1559‐1600(永禄2‐慶長5)
豊臣期の日向飫肥(おび)城主。伊東義祐の第2子。初名祐隆,六郎五郎,のち民部大輔,従五位下豊後守。1578年(天正6)父義祐が大友軍に従って島津氏と戦って敗れ,伊予に渡る。その後豊臣秀吉に仕え,河内国にて2500石をあてがわれる。87年の秀吉の九州征伐に案内役を務め,88年飫肥城に復帰。清武,田野地域等1700町をあてがわれる。文禄検地にて3万6000石。関ヶ原の戦で東軍に参加中病死。伊東氏【森山 恒雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の伊東祐兵の言及

【飫肥】より

…《和名抄》には飫肥郷の名でみえ,《建久図田帳》には島津荘寄郡として飫肥北郷400町,飫肥南郷110町と出てくる。15世紀来島津・伊東両氏の係争の地となり,1587年(天正15)豊臣秀吉によって伊東祐兵(すけたか)がこの地に封ぜられるにおよんで,同氏によって本格的に城下の整備がなされた。城の大手門から南北にのびる大手門通りに交差してまず東西に横馬場が走り,次に県道をはさんで本町通り,前鶴通りの各通りがある。…

【飫肥藩】より

…日向国那珂郡飫肥に藩庁を置いた外様小藩。1587年(天正15)豊臣秀吉の九州出兵後,伊東祐兵(すけたか)が那珂・宮崎両郡に高2万8000石を給されたのが藩の興りである。2代祐慶(すけのり)のときに5万7086石の検地高をみたが,その後2度の分知があって総高5万1000石の石高が確定した。…

※「伊東祐兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊東祐兵の関連キーワード平野長泰姜沆赤松広通垣見家純堅田広澄金剛勝吉竹田定加寺西正勝丹羽長正了派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊東祐兵の関連情報