コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清武 きよたけ

2件 の用語解説(清武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清武
きよたけ

宮崎県中部,宮崎市中部の旧町域。宮崎平野南部に位置する。1950年町制。2010年宮崎市に編入。豊臣秀吉の九州統一後は飫肥藩伊東氏に属し,明治にいたる。ただし船引地区は薩摩藩領,延岡藩領を経て宝暦年間 (1751~64) に天領

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清武
きよたけ

宮崎県南部、宮崎郡にあった旧町名(清武町(ちょう))。現在は宮崎市の南部を占める地域。旧清武町は1950年(昭和25)町制施行。旧町名は町内を流れる清武川にちなむ。2010年(平成22)宮崎市へ編入。清武川流域は谷底平野と河岸段丘が発達し、山地は全体に丘陵性である。JR日豊(にっぽう)本線、宮崎自動車道、東九州自動車道、国道269号が通じる。近世は飫肥(おび)藩に属したが、船引(ふなひき)地区は延岡(のべおか)藩、のち天領。ダイコン栽培や施設園芸が盛んである。近年は住宅、文教施設(宮崎大学医学部など)が立地、宮崎サンテクノポリスの中核として、先端技術産業も進出し、人口増加が顕著。幕末の儒学者安井息軒(そくけん)の生誕地で、旧宅は国指定史跡。また船引神社境内の大クスは国指定天然記念物。[横山淳一]
『『清武町史』(1960・清武町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清武の関連情報