コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清武 きよたけ

2件 の用語解説(清武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清武
きよたけ

宮崎県中部,宮崎市中部の旧町域。宮崎平野南部に位置する。1950年町制。2010年宮崎市に編入。豊臣秀吉の九州統一後は飫肥藩伊東氏に属し,明治にいたる。ただし船引地区は薩摩藩領,延岡藩領を経て宝暦年間 (1751~64) に天領

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清武
きよたけ

宮崎県南部、宮崎郡にあった旧町名(清武町(ちょう))。現在は宮崎市の南部を占める地域。旧清武町は1950年(昭和25)町制施行。旧町名は町内を流れる清武川にちなむ。2010年(平成22)宮崎市へ編入。清武川流域は谷底平野と河岸段丘が発達し、山地は全体に丘陵性である。JR日豊(にっぽう)本線、宮崎自動車道、東九州自動車道、国道269号が通じる。近世は飫肥(おび)藩に属したが、船引(ふなひき)地区は延岡(のべおか)藩、のち天領。ダイコン栽培や施設園芸が盛んである。近年は住宅、文教施設(宮崎大学医学部など)が立地、宮崎サンテクノポリスの中核として、先端技術産業も進出し、人口増加が顕著。幕末の儒学者安井息軒(そくけん)の生誕地で、旧宅は国指定史跡。また船引神社境内の大クスは国指定天然記念物。[横山淳一]
『『清武町史』(1960・清武町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清武の関連キーワード宮崎県宮崎市糸原宮崎県宮崎市内海宮崎県宮崎市熊野宮崎県宮崎市塩路宮崎県宮崎市神宮宮崎県宮崎市中央通宮崎県宮崎市中村西宮崎県宮崎市船塚宮崎県宮崎市芳士宮崎県宮崎市港

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清武の関連情報