コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東紅雲 いとう こううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東紅雲 いとう-こううん

1880-1939 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治13年7月13日生まれ。邨田丹陵(むらた-たんりよう)に師事。明治40年第1回文展に「防矢」が入選,その後も文展,帝展で活躍。昭和2年帝展委員。歴史画を中心に制作した。昭和14年4月2日死去。60歳。東京出身。本名は常辰。作品に「御元服図」「戦火の後」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東紅雲の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)第2次世界大戦

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android