コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊沢政義 いざわ まさよし

2件 の用語解説(伊沢政義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊沢政義 いざわ-まさよし

?-1864 江戸時代後期の武士。
幕臣。長崎奉行をへて嘉永(かえい)6年浦賀奉行に再任。7年井戸覚弘(さとひろ)らと日米和親条約調印の全権をつとめ,下田奉行に転じ,翌安政2年下田追加条約の調印にあたる。ついで普請奉行となり,3年大目付にすすむ。5年神奈川開港取調掛をつとめた。元治(げんじ)元年7月16日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊沢政義

没年:元治1.7.16(1864.8.17)
生年:生年不詳
幕末の幕臣。天保10(1839)年浦賀奉行となり,次いで同13年長崎奉行に就任,出島貿易の整備を図るとともに,弘化1(1844)年オランダ国王の開国勧告書翰をめぐる折衝や,翌2年イギリス船長崎来航事件などを措置。嘉永6(1853)年ペリー来航後,浦賀奉行に再任。全権委員ひとりとして翌安政1(1854)年日米和親条約に調印。さらに同年下田奉行に転じ,日米和親条約付録(下田追加条約)に調印。また同年ロシア使節プチャーチンとの交渉にも全権委員として従事。翌2年普請奉行となる。3年大目付,さらに4年町奉行留守居を歴任,5年には大目付に再任されるとともに神奈川開港を前に取調掛として外国奉行を補佐。しかし晩年は政界から離れ,洒々落々と余生を送ったと伝えられる。<参考文献>「幕府名士小伝」(『旧幕府』1巻2号)

(岩壁義光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊沢政義の関連キーワード元治ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助清岡道之助久坂玄瑞楠音次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone