コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊沢政義 いざわ まさよし

2件 の用語解説(伊沢政義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊沢政義 いざわ-まさよし

?-1864 江戸時代後期の武士。
幕臣。長崎奉行をへて嘉永(かえい)6年浦賀奉行に再任。7年井戸覚弘(さとひろ)らと日米和親条約調印の全権をつとめ,下田奉行に転じ,翌安政2年下田追加条約の調印にあたる。ついで普請奉行となり,3年大目付にすすむ。5年神奈川開港取調掛をつとめた。元治(げんじ)元年7月16日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊沢政義

没年:元治1.7.16(1864.8.17)
生年:生年不詳
幕末の幕臣。天保10(1839)年浦賀奉行となり,次いで同13年長崎奉行に就任,出島貿易の整備を図るとともに,弘化1(1844)年オランダ国王の開国勧告書翰をめぐる折衝や,翌2年イギリス船長崎来航事件などを措置。嘉永6(1853)年ペリー来航後,浦賀奉行に再任。全権委員ひとりとして翌安政1(1854)年日米和親条約に調印。さらに同年下田奉行に転じ,日米和親条約付録(下田追加条約)に調印。また同年ロシア使節プチャーチンとの交渉にも全権委員として従事。翌2年普請奉行となる。3年大目付,さらに4年町奉行留守居を歴任,5年には大目付に再任されるとともに神奈川開港を前に取調掛として外国奉行を補佐。しかし晩年は政界から離れ,洒々落々と余生を送ったと伝えられる。<参考文献>「幕府名士小伝」(『旧幕府』1巻2号)

(岩壁義光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊沢政義の関連キーワード堀利堅浦賀浦賀奉行香山栄左衛門下田奉行黒川嘉兵衛妻木頼隆戸田忠明戸田忠文伴貞懿

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone