下田奉行(読み)シモダブギョウ

百科事典マイペディアの解説

下田奉行【しもだぶぎょう】

江戸幕府の遠国奉行の一。役高1000石,役料1000俵。1616年に設置。伊豆国下田番所の長で,下田湊の警護,廻船積荷改などにあたった。1720年浦賀奉行に統轄されて廃止。1842年に再置されるが1844年再び廃止。1854年神奈川条約締結に伴う下田開港で3度目の設置。
→関連項目下田条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもだぶぎょう【下田奉行】

江戸幕府の職名。伊豆国下田番所の長官。遠国奉行の一つで老中に所属。下田港守衛船舶出入りを監督した。1616年(元和2)設置。初代奉行今村重長。1720年(享保5)相模国浦賀番所に移り一時廃止されたが,1842年(天保13)再設。44年(弘化1)また廃され,54年(安政1)復活し,幕末の外交上に重要な出張機関となった。定員1~2名,高1000石,役禄1000俵。属僚に下田奉行支配組頭,同支配調役がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しもだぶぎょう【下田奉行】

江戸幕府の職名。伊豆下田に駐在し、出入りの船舶や貨物の監査などを任務とした。1616年設置され、二度廃止されたが、1854年復活し、幕末外交事務を扱った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下田奉行
しもだぶぎょう

江戸幕府の職名。遠国(おんごく)奉行の一つ。1616年(元和2)創置。定員は1人(ときに2人、老中支配、役高1000石、役料1000俵、布衣(ほい)、芙蓉間詰(ふようのまづめ))であった。配下に下田奉行支配組頭、下田奉行支配調役(しらべやく)、与力、同心、足軽、水主頭取(かことうどり)、足留(あしどめ)水主などがあり、伊豆下田港(静岡県下田市)の警備や海上往来の船舶およびその貨物の検査を職掌とした。1720年(享保5)廃止(かわって浦賀奉行創置、幕末に及ぶ)。1842年(天保13)再置、44年(弘化1)廃止。54年(安政1)三たび設置。定員2人(役高2000石、役料1000俵、諸大夫(しょだいぶ))となる。59年下田港の閉鎖により、翌年(万延1)廃止。支配向は外国奉行、神奈川奉行の支配向に転じた。[北原章男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下田奉行の言及

【伊豆国】より

… 伊豆は小国ではあるが,江戸の南西に位置し江戸を防御する自然立地をなしており,交通上の要衝にあたった。東海道箱根関を控える三島には代官陣屋が置かれ,江戸~大坂間の海上交通の要所であった下田には16年(元和2)下田奉行が置かれ,江戸出入津のすべての船舶を厳重に検査した。元和偃武(げんなえんぶ)以来,幕府の中央集権化の動きが緊急となり,城下町江戸の建設も加わっての措置であった。…

※「下田奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android