コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐原 さわら

4件 の用語解説(佐原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐原
さわら

千葉県北東部,香取市北西部の旧市域。利根川下流に位置し,川を挟んで茨城県と接する。 1951年佐原町,香取町,香西村,東大戸村が合体して市制。 1955年新島村,津宮村,大倉村,瑞穂村の4村を編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さわら〔さはら〕【佐原】

千葉県北東部にあった市。平成18年(2006)3月に小見川町・山田町・栗源(くりもと)町と合併し香取市となる。→香取

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さわら【佐原】

千葉県香取市の地名。かつて利根川水運の河港として商業・醸造業で繁栄。現在、水郷地帯の商業・観光の中心地。古い商家の建物が多く残る。香取神宮や伊能忠敬の旧宅がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐原
さわら

千葉県北東部にあった旧市名(佐原市)。現在は香取(かとり)市の北西部を占める地域。利根(とね)川下流の低地と下総(しもうさ)台地とからなる。旧佐原市は1951年(昭和26)佐原町、香取町、香西(かさい)村、東大戸村が合併して市制施行。1955年新島(しんしま)村、津宮(つのみや)村、大倉村、瑞穂(みずほ)村を編入。2006年(平成18)、香取郡小見川(おみがわ)町、山田(やまだ)町、栗源(くりもと)町と合併、香取市となった。地名は、香取神宮の祭礼に用いた土器「浅原(さはら)」をつくった土地に由来するとか、かつては利根川沿いの狭原(さわら)、砂原、笹(ささ)原など地勢のようすからともいわれる。古代、旧市域の北半分の地域は香取海が深く入り込んでいたが、1654年(承応3)江戸幕府により利根川の流路が銚子(ちょうし)へと変えられて以後、低湿地が広範囲に形成された。台地と低地の変換線に沿ってJR成田線と国道356号が走り、JR鹿島(かしま)線が香取駅から分かれる。国道51号は利根川を渡る水郷(すいごう)大橋を経て水郷、潮来(いたこ)、鹿嶋を結ぶ。東関東自動車道が通じ、佐原香取インターチェンジがあり、南部を東総有料道路が走る。
 中世に千葉氏の一族国分(こくぶ)氏が矢作(やはぎ)城を築き、のちに大崎城へと移ったが、1590年(天正18)に滅びた。近世初期、水郷の低湿地である十六島が、対岸の佐竹氏に対する江戸幕府の防衛上、隠遁(いんとん)武士団によって新田開発された。銚子から利根川を上って東北地方の物資を江戸へ運ぶようになると、佐原は支流の小野川沿いの河港として発達した。1898年(明治31)の成田線開通後は衰微した。水郷地帯は水路が縦横に張り巡らされていて田舟(たぶね)を使っての農作業が一般的であったが、第二次世界大戦後、霞ヶ浦(かすみがうら)、与田(よだ)浦の干拓や土地区画整理が進められ、湿田が乾田化されて千葉県第一の早場米地域をなすに至った。最近では米作のほかに養豚、いも類の生産が盛んとなり、伝統的な酒造りやしょうゆ工業も行われる。また、田園地帯の中心都市として商業機能が強く、1959年(昭和34)に指定された水郷筑波(つくば)国定公園の拠点ともなっている。
 与田浦には水生植物園、大利根博物館が整備されており、6月のハナショウブのシーズンには、女船頭が操る観光田舟が、加藤洲(かとうず)十二橋を結ぶ水郷を往来し、川釣り客とともにレクリエーション客が増える。7月の八坂神社の祇園(ぎおん)祭と10月の諏訪(すわ)神社の祭りには、10台を超える豪華な山車(だし)が繰り出して佐原囃子(ばやし)とともににぎわう(佐原の山車行事として国指定重要無形民俗文化財)。市の中心佐原地区には伊能忠敬(ただたか)旧宅(国指定史跡)や記念館があり、館蔵の伊能忠敬関係資料は国宝。市街地東方の香取神宮には国宝の海獣葡萄(かいじゅうぶどう)鏡や数多くの宝物がある。[山村順次]
『『佐原市史』(1966・佐原市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐原の関連キーワード千葉県旭市イ千葉県市川市鬼高千葉県千葉市若葉区桜木千葉県千葉市美浜区高浜千葉県千葉市中央区中央千葉県千葉市中央区中央港千葉県千葉市美浜区中瀬千葉県館山市藤原千葉県富津市富津千葉県千葉市美浜区美浜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐原の関連情報