コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊良湖水道 いらごすいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊良湖水道
いらごすいどう

通称渡合 (どあい) 。伊勢湾湾口にある海峡。愛知県渥美半島の伊良湖岬と三重県神島の間の約 4.4kmで潮流が激しく暗礁もあって船の難所とされ,古くから海難事故が多い。 1973年狭水道指定航路となり,翌年伊良湖水道航路管制信号所が設置され,全長 200m以上の巨大船は航行規制を受ける。漁船を含めて1日約 1200隻が通過。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いらご‐すいどう〔‐スイダウ〕【伊良湖水道】

愛知県の伊良湖岬三重県鳥羽市の神島との間の海峡。潮流が速く暗礁もあり航海の難所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いらごすいどう【伊良湖水道】

愛知県渥美あつみ半島突端の伊良湖岬と三重県神島との間の海峡。伊勢湾と太平洋を結ぶ。暗礁が多く航行の難所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕伊良湖水道(いらごすいどう)


愛知県渥美(あつみ)半島西端の伊良湖岬と三重県鳥羽(とば)市神(かみ)島との間の海峡。伊勢(いせ)湾口の東部を占める。両側に岩礁が点在するため、水深10m以上の可航水路は幅2kmに満たない。潮流は2~2.7ノットに達する。太平洋から伊勢湾・三河(みかわ)湾へ入る主要航路で、一帯は海上交通安全法適用海域。中央部に伊良湖水道航路が設定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊良湖水道
いらごすいどう

愛知県渥美(あつみ)半島先端の伊良湖岬と、三重県神島(かみしま)との間の4.4キロメートルの海峡で伊勢(いせ)湾口をなす。通称「伊良湖渡合(どあい)」とよび、潮流が速く暗礁もあって船の難所といわれる。大型船の航行幅は伊良湖岬寄りの朝日礁(しょう)と、神島寄りの丸山出し間のわずか1200メートルで、全長200メートル以上の巨大船は航行が規制される。1973年(昭和48)に狭水道指定航路となり、伊良湖岬灯台の崖(がけ)上に船舶通航信号所がある。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊良湖水道の言及

【伊良湖岬】より

…《万葉集》の昔から詩歌などにしばしば登場した景勝の地で,古来,伊勢国の名所とされており,伊勢街道(熊野街道)の要地として対岸の鳥羽と渡し船で結ばれていた。伊良湖岬と神島の間の伊良湖水道は日本三大潮流の一つにも数えられる航海の難所で,岬の先端にある伊良湖岬灯台は1929年に点灯,灯高15m,光達距離12.5マイルである。伊良湖港(1963完成)は初め漁船の避難港として築かれたが,鳥羽,師崎(もろざき),篠島,西浦と結ばれる船の発着港となり,港周辺には観光施設が整備されてきた。…

※「伊良湖水道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊良湖水道の関連キーワード三河湾国定公園西山砂丘太平洋遠州灘渥美湾市神岩礁三河

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android