コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤一彦 いとう かずひこ

1件 の用語解説(伊藤一彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤一彦 いとう-かずひこ

1943- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和18年9月12日生まれ。早大在学中に作歌をはじめ,卒業後郷里宮崎県の高校教師となる。昭和43年「心の花」にはいる。44年福島泰樹(やすき)らと「反措定」を創刊。51年「現代短歌・南の会」を創立。平成8年「海号の歌」で読売文学賞。15年宮崎県立看護大教授。20年「微笑の空」で迢空(ちょうくう)賞。同年毎日歌壇選者となる。22年「月の夜声(よごえ)」で斎藤茂吉短歌文学賞。現代の短歌表現を意識し,人生の悲哀を歌にもる。歌集はほかに「月語抄」「日の鬼の棲む」,評論集に「若き牧水」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊藤一彦の関連キーワード池田純義石田比呂志井上宗雄清原令子田井安曇友松賢中野照子福島泰樹蒔田さくら子山田富士郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤一彦の関連情報