コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤一彦 いとう かずひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤一彦 いとう-かずひこ

1943- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和18年9月12日生まれ。早大在学中に作歌をはじめ,卒業後郷里宮崎県の高校教師となる。昭和43年「心の花」にはいる。44年福島泰樹(やすき)らと「反措定」を創刊。51年「現代短歌・南の会」を創立。平成8年「海号の歌」で読売文学賞。15年宮崎県立看護大教授。20年「微笑の空」で迢空(ちょうくう)賞。同年毎日歌壇選者となる。22年「月の夜声(よごえ)」で斎藤茂吉短歌文学賞。現代の短歌表現を意識し,人生の悲哀を歌にもる。歌集はほかに「月語抄」「日の鬼の棲む」,評論集に「若き牧水」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤一彦の関連キーワード中国残留孤児問題佐佐木幸綱歌人

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤一彦の関連情報