コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤参行 いとう さんぎょう

2件 の用語解説(伊藤参行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤参行 いとう-さんぎょう

1745-1809 江戸時代中期-後期の宗教家。
延享2年生まれ。江戸浅草で彫物業をいとなむ。富士講の食行身禄(じきぎょう-みろく)の3女お花に教えをうけ,身禄派をつぐ。加持祈祷(きとう)などの行(ぎょう)を排し,四民平等を説いた。門弟に小谷三志がいる。文化6年8月10日死去。65歳。京都出身。本名は花形浪江。通称は伊兵衛。著作に「四民の巻」,「御ふりかはり」(教義書)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤参行

没年:文化6(1809)
生年:延享3(1746)
江戸中・後期の富士講2代目教主。本名花形浪江,参行六王ともいう。明和3(1766)年,食行身禄の3女で初代教主の一行花に弟子入りし「養子」として同居,教えを受ける。のち別れ,彫金を家業とするかたわら,『おふりかはりの巻』『四民の巻』『ゑぼし山御伝解』などを執筆。これらの書では,人間の誕生を陰陽の和合の結果とし,陰=女の力が衰えるのを防ぐため,「男網女網をつなぎ替え」て,女性を尊重するという,身禄の教えを祖述する。また花を「花の咲く菩薩」,身禄を「実に結ぶ菩薩」とし,男女の役割を稲の実りにたとえ,この父娘を各常人二人前と理想化した。<参考文献>岩科小一郎『富士講の歴史』

(浅野美和子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤参行の関連キーワード小谷三志富士塚名花北の富士勝昭一行花食行身禄富士田千蔵(2代)村上光清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone