コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小谷三志 おたにさんし

4件 の用語解説(小谷三志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小谷三志
おたにさんし

[生]明和2(1765).武蔵
[没]天保12(1841)
江戸時代後期の神道家。名は庄兵衛,道号は禄行。富士講第8代教主で講の中興者。布教に努め道徳的実利的な教えにより庶民の間に多くの信者を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小谷三志 こたに-さんし

1766*-1841 江戸時代後期の行者。
明和2年12月25日生まれ。富士講の一派,不二(ふじ)道の祖。身禄派2代目伊藤参行(さんぎょう)にまなぶ。従来の加持祈祷(かじきとう)の富士講を批判し,実践道徳を中心に社会奉仕などをおもんじる「二つとない道」不二道をとなえた。天保(てんぽう)12年9月17日死去。77歳。武蔵(むさし)鳩ケ谷(埼玉県)出身。通称は庄兵衛。行名は禄行。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小谷三志

没年:天保12.9.17(1841.10.31)
生年:明和2.12.25(1766.2.4)
江戸後期の不二道の開祖。「こたに」ともいう。武蔵国鳩ケ谷(埼玉県)生まれ。本名小谷庄兵衛。文化6(1809)年江戸に出て,富士講2代目教主の伊藤参行に入門,禄行三志の行名をもらう。三志は富士講身禄派の祖食行身禄の教説を日常的な倫理観に高め,天保9(1838)年に,それを「不二道」と称し,京に上り公家や文人と交際してその公認を目指した。富士講の男女平等思想をさらに徹底し,日常生活の服装,労働,性交渉などにおける男女の役割を逆転,「おんながだんなにな」るのを「みろくのみ世」として理想とした。高山たつを伴って,禁制の女人富士登頂を強行した。また,信者の社会事業への労力奉仕も勧め多数の信者を得た。<参考文献>岩科小一郎『富士講の研究』,宮田登『神の民俗誌』

(浅野美和子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小谷三志
こたにさんし
(1765―1841)

江戸後期の民衆宗教富士講の改革指導者、不二道(ふじどう)の開祖。通称河内屋庄兵衛、不二行者名禄行三志。日光御成道(おなりみち)鳩ヶ谷宿(現、埼玉県川口市)の商家に生れる。1809年(文化6)参行禄王(さんぎょうろくおう)に師事、同年富士講元祖食行身禄(じきぎょうみろく)の教統を継承する。万有への報恩を説き、家業精励、孝行、社会への労力報仕を勧めた。その結社不二道は関東、甲信、東海、畿内(きない)、山陽、九州に広まり、教えを慕う者5万とも10万ともいわれた。不二道は明治維新後、神道実行教と不二道孝心講に分かれ、信仰と運動を継続した。川口市桜町の居宅跡は県指定旧跡、関係資料(198点)は県指定文化財。[岡田 博]
『渡辺金造著『鳩ヶ谷三志』(1942・文進社) ▽鳩ヶ谷市文化財保護委員会編『鳩ヶ谷市の古文書7~18』(1982~1993) ▽岡田博編著『まるはと叢書1~7』(1991~1998・小谷三志翁顕彰会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小谷三志の関連キーワード横山興孝小谷秋水小谷庄兵衛柴田花守住田彦太郎高山たつ不二道人松下千代横田汝圭不二道

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone