コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤平左衛門(9代) いとう へいざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤平左衛門(9代) いとう-へいざえもん

1829-1913 明治時代の建築家。
文政12年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩作事方の大工をつとめ,維新後,洋風建築をまなび,愛知県庁舎,静岡県見付小学校などを設計・施工した。また京都東本願寺阿弥陀(あみだ)堂,大師堂などの寺社建築も手がけた。大正2年5月11日死去。85歳。尾張出身。名は守道。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤平左衛門(9代)

没年:大正2(1913)
生年:文政12(1829)
幕末明治の名古屋の堂宮大工。初代は名古屋城築城に従事したと伝えられ,尾張(名古屋)藩作事方棟梁も務めた。明治以後も一貫して建築業を営み,現代の12代目に至る。代表作は3代目の東本願寺名古屋別院本堂(元禄期),6,7代目の同院再建(文政期),8代目の高野山金堂(嘉永期)。 明治維新を迎えた9代目は,愛知県庁舎,見付小学校(静岡県),三重県庁舎などを建設,明治初期東海地方に洋風建築をもたらす一方,西本願寺築地別院,東本願寺函館別院をはじめ近代社寺建築も数多く手がけた。

(松波秀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊藤平左衛門(9代)の関連キーワード明治時代建築家

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android