コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤平左衛門(9代) いとう へいざえもん

2件 の用語解説(伊藤平左衛門(9代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤平左衛門(9代) いとう-へいざえもん

1829-1913 明治時代の建築家。
文政12年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩作事方の大工をつとめ,維新後,洋風建築をまなび,愛知県庁舎,静岡県見付小学校などを設計・施工した。また京都東本願寺阿弥陀(あみだ)堂,大師堂などの寺社建築も手がけた。大正2年5月11日死去。85歳。尾張出身。名は守道。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤平左衛門(9代)

没年:大正2(1913)
生年:文政12(1829)
幕末明治の名古屋堂宮大工。初代は名古屋城築城に従事したと伝えられ,尾張(名古屋)藩作事方棟梁も務めた。明治以後も一貫して建築業を営み,現代の12代目に至る。代表作は3代目の東本願寺名古屋別院本堂(元禄期),6,7代目の同院再建(文政期),8代目の高野山金堂(嘉永期)。 明治維新を迎えた9代目は,愛知県庁舎,見付小学校(静岡県),三重県庁舎などを建設,明治初期東海地方に洋風建築をもたらす一方,西本願寺築地別院,東本願寺函館別院をはじめ近代社寺建築も数多く手がけた。

(松波秀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤平左衛門(9代)の関連キーワード名古屋帯名古屋名古屋扇名古屋甚句大有り名古屋の金の鯱名古屋行灯名古屋音頭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone