伊藤忠也(読み)いとう ただなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤忠也 いとう-ただなり

1602-1649 江戸時代前期の剣術家。
慶長7年生まれ。小野忠明の弟とも次男ともいう。忠明から伊藤一刀斎相伝の瓶割(かめわり)刀をさずけられ,一刀流3世となる。忠也(ちゅうや)派(伊藤派)一刀流の祖。高弟に伊藤忠雄,根来(ねごろ)重明。慶安2年5月30日死去。48歳。通称は典膳

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android