コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根来 ネゴロ

世界大百科事典 第2版の解説

ねごろ【根来】

朱漆塗木器の俗称。単に朱漆のみを塗布したものでなく,下地に黒漆の中塗りを行い,さらに朱漆の上塗りをほどこして仕上げた朱漆塗製品に限るのが原則である。その名称は紀州根来寺(和歌山県那賀郡岩出町根来)が,多くの子院・房舎を擁して隆盛していた中世期に,山内の膨大な需要に応じて自給自足した漆器に由来する。それらの漆器は長年の用に耐える良質な漆器として定評があったが,とりわけ朱漆塗の椀,折敷(おしき),膳の類は,後世〈根来〉〈根来もの〉〈根来朱〉と呼ばれて喧伝され,やがてそれがすぐれた朱漆器一般に対する通称とされるに至ったのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねごろ【根来】

◇ 和歌山県北西部、岩出市の地名。根来寺がある。
「根来塗ねごろぬり」の略。
「根来寺ねごろじ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根来
ねごろ

和歌山県北部、岩出(いわで)市の一地区。旧根来村。新義真言(しんぎしんごん)宗総本山根来寺の所在地で、豊臣(とよとみ)秀吉に焼かれるまでは広い寺領を有し、寺域全部を根来と称した。和泉(いずみ)山脈南麓(ろく)の根来川(紀ノ川支流)扇状地扇頂部を占める。根来寺の近くに市民俗資料館がある。根来街道が北部の風吹(かぜふき)峠へと通じている。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

根来の関連キーワード和歌山県岩出市押川鉄砲鍛冶(かじ)岩出市民俗資料館根来寺根来塗鉄砲百人組長谷川秀一岩出〈町〉新義真言宗天心独名流根来独心斎頼誉(2)岩出[町]根来法師釈氏定規百人組水間寺根来流岩出市吉野塗根来衆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根来の関連情報