伊藤武夫(読み)いとう たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤武夫 いとう-たけお

1887-1968 大正-昭和時代の砂防工学者。
明治20年3月生まれ。三重高農教授をへて,昭和14年母校東京帝大の教授となる。のち新潟県立農林専門学校長,新潟大農学部長をつとめる。新潟県の海岸砂防事業を推進した。昭和43年3月4日死去。81歳。新潟県出身。著作に「砂防」「砂防工学」「黄河の治水」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例