コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤武夫 いとう たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤武夫 いとう-たけお

1887-1968 大正-昭和時代の砂防工学者。
明治20年3月生まれ。三重高農教授をへて,昭和14年母校東京帝大の教授となる。のち新潟県立農林専門学校長,新潟大農学部長をつとめる。新潟県の海岸砂防事業を推進した。昭和43年3月4日死去。81歳。新潟県出身。著作に「砂防」「砂防工学」「黄河の治水」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤武夫の関連キーワード虎の尾を踏む男達四つの恋の物語愛すればこそ酔いどれ天使愉しき哉人生続姿三四郎次郎吉格子スメルサー伊藤 逸平山びこ学校女の一生原爆の子千両獅子昭和時代流離の岸銀心中こころどぶ縮図

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android