コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤比呂美 いとう ひろみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤比呂美 いとう-ひろみ

1955- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和30年9月13日生まれ。阿部岩夫に師事。昭和53年現代詩手帖賞。同年発表の「草木の空」で注目される。新しい感性で女性の生理をとらえ,率直な言葉で表現しつづける。平成11年小説「ラニーニャ」で野間文芸新人賞。18年「河原荒草」で高見順賞。「とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起」で19年萩原朔太郎賞,20年紫式部文学賞。東京出身。青山学院大卒。詩集はほかに「青梅」「テリトリー論」,エッセイに「良いおっぱい悪いおっぱい」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤比呂美の関連キーワードとげ抜き/新巣鴨地蔵縁起鈴木志郎康石内都

伊藤比呂美の関連情報