コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤洋平 いとう ようへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤洋平 いとう-ようへい

1923-1985 昭和時代後期の医学者,登山家。
大正12年2月5日生まれ。昭和37年奈良学芸大教授,48年京大教授となる。腫瘍ウイルスの研究で知られる。登山家としても著名。穂高岳屏風(びょうぶ)岩に新ルートを開拓し,28年アンナプルナ遠征,31年第1次南極観測隊員をつとめた。22年山岳雑誌「岳人」を創刊。昭和60年7月26日死去。62歳。三重県出身。京都帝大卒。著作に「岩登り」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤洋平の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録朝鮮映画柴田翔皮革工業丸山圭三郎村田実

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android