コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤秀五郎 いとう ひでごろう

1件 の用語解説(伊藤秀五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤秀五郎 いとう-ひでごろう

1905-1976 昭和時代の登山家,生物学者。
明治38年1月20日生まれ。北海道帝大在学中,北海道・北千島の諸山を踏破し,大正15年山岳部を創立。「山とスキー」誌の編集に従事して槙有恒(まき-ありつね)らとまじわる。昭和9年母校の講師となり,ペンシルベニア大に留学後,教授。北海道教育長をへて,35年札幌医大教授。昭和51年2月22日死去。71歳。神奈川県出身。詩集に「風景を歩む」,著作に「北の山」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤秀五郎の関連キーワードブルガリア文学竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府恐怖映画歴史小説川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドーム

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone