コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石狩岳 いしかりだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石狩岳
いしかりだけ

別称裏大雪。北海道中央部にある山。標高 1967m。石狩山地主峰大雪山の南東にあり,大雪山国立公園の一部。北見山地日高山脈の接合部にあたる褶曲山地で,日高系の硬砂岩粘板岩が主体。基盤の花崗岩が露出しているところも多く,エゾマツトドマツ原生林がみられる。石狩川十勝川水源地で,東方に音更山,ユニ石狩岳がある。登山口は層雲峡十勝三股。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石狩岳【いしかりだけ】

北海道,石狩山地中部の山。標高1967m。古生層と花コウ岩からなる浸食面上にそびえる残丘で,山頂付近には夏に残雪が多く,高山植物が分布,大雪山国立公園に属する。
→関連項目石狩山地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしかりだけ【石狩岳】

北海道中央部,石狩山地の最高峰で標高1966m。山頂から北東,南西に延びる稜線は石狩国と十勝国を分け,山体は上川支庁管内上川町と十勝支庁管内上士幌町にまたがる。山体は古生層の日高層群からなり,岩質は粘板岩,硬砂岩,ホルンフェルスなどである。高度1600m付近の森林限界より下の山腹は天然林で覆われ,保安林として保護され,北西斜面では針葉樹林を主とし,南東斜面では広葉樹林ないし混交林をなす。平地から見ることのできるのは十勝三股付近に限られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕石狩岳(いしかりだけ)


北海道中央部の大雪(たいせつ)山の南東に位置する山。標高1967m。石狩山地東部の主峰。石狩川および十勝(とかち)川本流、その支流音更(おとふけ)川の源流部をなす。大雪山(だいせつざん)国立公園の特別保護地域で、山腹は自然林でおおわれる。北斜面は針葉樹林、南斜面は広葉樹林・混交林が多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石狩岳
いしかりだけ

北海道中央部の石狩山地の主峰。標高1967メートル。山頂から北東、南西に延びる稜線(りょうせん)は、1869年(明治2)設定された石狩国と十勝国を分け、山体は上川(かみかわ)総合振興局管内の上川町と十勝総合振興局管内の上士幌(かみしほろ)町にまたがる。山体は古生層の日高層群からなり、岩質は粘板岩、硬砂岩、ホルンフェルスなどである。1500メートル以下の山腹は天然林で覆われ、保安林として保護され、北斜面では針葉林、南斜面では広葉林、混交林となっている。北麓(ほくろく)から石狩川が発源するが、一時期、石狩川は大雪山(たいせつざん)から発源しているとされ、当時は大雪山を石狩岳と呼称した。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石狩岳の関連キーワード石狩川(北海道)日本の国立公園伊藤 秀五郎上士幌[町]大島 亮吉岡本次郎音更川

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android