コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸山 ショザン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐ざん【諸山】

あちこちの多くの山。
あちこちの多く。また、いろいろの宗派

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょざん【諸山】

多くの寺。
多くの山。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の諸山の言及

【五山・十刹・諸山】より

…最上位の5ヵ寺の禅寺である五山は,径山(きんざん)興聖万寿禅寺,北山景徳霊隠(りんにん)禅寺,太白山天童景徳禅寺,南山浄慈(じんず)報恩光孝禅寺,阿育王山広利禅寺で,五山に次ぐ十刹は永祚寺,万寿寺,興国寺,光孝寺,資聖寺,竜翔寺,崇聖寺,宝林寺,雲岩寺,教忠寺の10ヵ寺である。十刹の下位が諸山で,中国では甲刹(かつさつ)と称し南宋末から元初にかけて各州に設定され,35ヵ寺を数えた。 この中国禅林の官寺制度が日本に移入されるのは鎌倉末期であるが,制度として確立をみるのは室町期である。…

※「諸山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諸山の関連キーワード聖山高原県立自然公園神奈備山・神南備山幌内・夕張暴動鈴木 智弁本門法華宗豊城入彦命伊藤秀五郎四岳・四嶽諸山縁起神奈備山惟肖得巌天狗草紙匡道慧潭無象静照鉄舟徳済雪村友梅明星ヶ岳菊池重朝希世霊彦霜月会

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸山の関連情報