コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槙有恒 マキアリツネ

6件 の用語解説(槙有恒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まき‐ありつね【槙有恒】

[1894~1989]登山家。宮城の生まれ。大正10年(1921)アイガー東山稜初登攀(とうはん)に成功、昭和31年(1956)には隊長としてマナスル初登頂に成功した。著「山行」「マナスル登頂記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

槙有恒【まきありつね】

登山家。日本の近代登山開拓者の一人。宮城県出身。慶大卒。1921年9月アイガー東山稜を初登攀(とうはん)。1925年8月日本隊リーダーとしてカナディアンロッキーアルバータに初登頂。
→関連項目アイガー[山]アルピニズム登山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

槙有恒 まき-ゆうこう

まき-ありつね

槙有恒 まき-ありつね

1894-1989 大正-昭和時代の登山家。
明治27年2月5日生まれ。大正4年慶応義塾山岳会を創設。10年アルプスのアイガー東山稜(さんりょう)に初登頂。日本にアルプスの岩登り技術をつたえた。昭和31年第3次マナスル登山隊長として日本人初の8000m峰登頂にみちびいた。第4・第7代日本山岳会会長。31年文化功労者。平成元年5月2日死去。95歳。宮城県出身。慶応義塾卒。著作に「山行」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まきありつね【槙有恒】

1894‐1989(明治27‐平成1)
登山家。日本に近代登山を導入した。仙台市生れ。1917年慶応義塾大学卒業。学生時代より日本の高山で登山を行う。20年スイスに渡り,21年アイガー東山稜初登攀に成功し,日本の登山家の存在を世界に知らせた。帰国後アルプスの岩登りや氷雪登攀の技術を伝え,日本の登山界の発展に大きな貢献をした。1925年カナディアン・ロッキーのアルバータ山初登頂,56年第3次マナスル隊隊長として初登頂に成功,これが日本に登山ブームの起こるきっかけとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まきありつね【槙有恒】

1894~1989) 登山家。宮城県生まれ。慶大卒。日本に近代的な登山技術を導入。1956年(昭和31)にマナスル遠征隊隊長として、日本隊の初登頂を成功させた。著「山行」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の槙有恒の言及

【アイガー[山]】より

…1858年8月11日イギリスのC.バリントンが南西面と西稜から初登頂に成功。1921年9月10日には,槙有恒がガイド3人と北東稜(ミッテルレギ山稜)の登攀(とうはん)に成功し,日本人のアルプスでの初登攀となった。アルプスでもっとも困難なルートの一つとみなされている北壁は,38年夏オーストリアのH.ハラーらによって初登攀された。…

【登山】より

…64年までに8000m峰は全部登頂されたが,このエベレスト登頂がヒマラヤ登山の黄金時代を飾る偉業であった。そのなかには1956年日本の槙有恒隊のマナスル登頂も含まれている。 フランス隊に始まるナイロン装備や酸素器具など装備の急速な発達,高所における人体生理の研究に伴う行動の可能性の追求,さらにこれらを背景とした技術の発達により,困難なバリエーションルートの登攀,困難な季節の登攀が指向され,アイガー,グランド・ジョラス,マッターホルンのアルプスの三大北壁を一人で冬季に攻撃するなどの登攀,アンナプルナ,エベレストなどの巨大な氷壁の登攀,ヒマラヤやアンデスにおける高峰の縦走などが試みられている。…

※「槙有恒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

槙有恒の関連キーワードフレッシュフィールドアルピニストアルピニズム木暮理太郎無酸素登山放射状登山登山の日加藤文太郎小林黎子安川茂雄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone