コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤鳳山 いとう ほうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤鳳山 いとう-ほうざん

1806-1870 江戸時代後期の儒者。
文化3年生まれ。出羽(でわ)酒田(山形県)の町医師の子。一時,儒者朝川善庵の養子となる。渡辺崋山にみとめられ,三河(愛知県)田原藩の藩校成章館の教授をつとめた。著作は儒学のほか医学,兵学にもおよび,「孫子詳解」「学半楼十幹集」がある。明治3年1月23日死去。65歳。名は馨。字(あざな)は子徳。通称は大三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤鳳山の関連キーワード森藤右衛門福岡敬堂

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android