コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤鳳山 いとう ほうざん

1件 の用語解説(伊藤鳳山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤鳳山 いとう-ほうざん

1806-1870 江戸時代後期の儒者。
文化3年生まれ。出羽(でわ)酒田(山形県)の町医師の子。一時,儒者朝川善庵の養子となる。渡辺崋山にみとめられ,三河(愛知県)田原藩の藩校成章館の教授をつとめた。著作は儒学のほか医学,兵学にもおよび,「孫子詳解」「学半楼十幹集」がある。明治3年1月23日死去。65歳。名は馨。字(あざな)は子徳。通称は大三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤鳳山の関連キーワードナポリ王国製糸業日本科学史フランツ大陸封鎖フランツ[2世]プロイセン王国ロシア哲学奈破崙開拓使

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone