コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆大島近海地震 イズオオシマキンカイジシン

デジタル大辞泉の解説

いずおおしまきんかい‐じしん〔いづおほしまキンカイヂシン〕【伊豆大島近海地震】

昭和53年(1978)1月14日、伊豆大島の西約10キロメートルの地点を震源に発生した、マグニチュード7.0の地震。翌日に発生した余震(マグニチュード5.8)とあわせて、伊豆半島に大きな被害を及ぼした。伊豆大島近海の地震。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊豆大島近海地震の言及

【パニック】より

…これは,情報パニックの典型例としてきわめて有名である。日本でも,1978年1月伊豆大島近海地震の発生直後に静岡県の出した余震情報が住民のあいだに広がるうちに流言化し,〈余震情報パニック〉といわれる混乱を生み出している。マス・メディアが発達し情報がはんらんしている現代社会では,こうした情報パニックが発生する可能性はけっして小さくない。…

※「伊豆大島近海地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊豆大島近海地震の関連キーワード大規模地震対策特別措置法伊豆東方沖群発地震天城湯ヶ島河津七滝鉱害