コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀光重 いが みつしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊賀光重 いが-みつしげ

?-1261 鎌倉時代の武将。
伊賀朝光(ともみつ)の子。将軍九条頼経(よりつね)の近習貞応(じょうおう)3年兄光宗(みつむね)らと頼経を廃し,姪婿(めいむこ)の藤原実雅(さねまさ)を将軍にしようと伊賀氏の変をおこしたが失敗,九州に配流される。嘉禄(かろく)元年ゆるされてふたたび頼経につかえた。弘長(こうちょう)元年4月26日死去。通称は六郎。法名は光心。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android