伊達道具(読み)だてどうぐ

精選版 日本国語大辞典の解説

だて‐どうぐ ‥ダウグ【伊達道具】

〘名〙
① 華美をつくした立派な道具。外見を装ったぜいたくな道具。また、飾りや見栄で置いてあるような武具。
※仮名草子・犬枕(1606頃)「当世流行るだて道ぐ」
② (「道具」は方便、手段などの意) 見栄のためや外見を飾るために身につけた学問や技芸。
※翁問答(1650)下「学問の実義知て学問に志す方はまれなり。多分ものよみ奉公の望か、または医者のかざりか、或はだて道具か」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる