コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊集院兼常 いじゅういん かねつね

1件 の用語解説(伊集院兼常の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊集院兼常 いじゅういん-かねつね

1836-1909 明治時代の経営者。
天保(てんぽう)7年生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。海軍省にはいり,明治11年工部省営繕局に転じてまもなく退職,鹿鳴館の建築に従事する。のち参宮鉄道,大日本土木の社長をつとめた。明治42年6月20日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の伊集院兼常の言及

【鹿鳴館】より

…1881年に着工され,83年7月に落成し,11月28日に盛大な開館式が行われた。イギリスの建築家J.コンドルの設計で,薩摩藩出身の元工部省営繕局勤務の伊集院兼常が主宰担当して建築に当たった。館名は,中井弘(号桜州)が《詩経》の鹿鳴詩〈鹿鳴キ,群臣嘉賓燕スルナリ〉にちなんで命名したという。…

※「伊集院兼常」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊集院兼常の関連キーワード大原総一郎農業経営者一世代家族経営大村鶴松(初代)影山禎太郎佐々木男也富村雄広瀬永太郎福岡健良豊時鄰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone