コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見 晃 フシミ アキラ

20世紀日本人名事典の解説

伏見 晃
フシミ アキラ

昭和期のシナリオライター



生年
明治33(1900)年6月18日

没年
昭和45(1970)年9月27日

出生地
愛知県安城市

本名
野村 晃

学歴〔年〕
明治大学商科中退

経歴
大正15年松竹蒲田撮影所脚本部に入り、専らシナリオを書いた。第1作は「鉄腕」、以後「村の花嫁」「落第はしたけれど」「精力女房」「生まれては見たけれど」「天国に結ぶ恋」「花嫁の寝言」「伊豆の踊子」「生きとし生けるもの」「人生のお荷物」「淑女は何を忘れたか」「木石」など、五所平之助小津安二郎、斎藤寅次郎監督らとのコンビが多い。戦後作品には「音楽五人男」「悲しき小鳩」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

伏見 晃 (ふしみ あきら)

生年月日:1900年6月18日
大正時代;昭和時代の脚本家
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

伏見 晃の関連キーワード円覚寺(神奈川県)シナリオライター瑞龍寺(滋賀県)東伏見宮 依仁志村 敏夫4月28日引越し夫婦般舟三昧院依仁親王肉体の美昭和時代生年月日高橋泥舟南禅寺桑名藩晃親王正伝寺山階宮興聖寺廬山寺

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android