コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本農会 だいにほんのうかい

3件 の用語解説(大日本農会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本農会
だいにほんのうかい

1881年に設立された農業団体。明治初年には,精農家が各地に農談会といわれた会をもつようになったが,80年に政府は農談会開設を勧奨することとし,これに応じて翌 81年に全国農談会が開催された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいにほんのうかい【大日本農会】

1881年(明治14)全国農談会をもとに、篤農家・地主を中心として組織された農業団体。勧農政策の推進、農事改良の普及・指導などに当たった。機関紙「大日本農会報」を発行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本農会
だいにほんのうかい

1881年(明治14)に豪農・地主を中心に設立された最初の全国的な農業団体。創立当初から、当時の農業技術者であった「老農」を組織して、農商務省官僚の指導下に活動を開始、『大日本農会報』を発行し、地主層中心の官僚農政を普及させる役割を果たした。しかしのちに、政府の農業干渉に対する反発のなかで不振となり、95年全国農事会の分離自立後、同会は農事研究機関としての性格を強め、その後、戦時農業団体として、第二次世界大戦の終結時まで存続した。[石塚裕道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大日本農会の言及

【農会】より

…農業技術の改良・発達をはかる努力は,明治初年から各地の篤農家を中心として自然発生的に多数の会合や結社を生み,その一部は明治10年代に行政庁も加えた農談会として広まっていった。これら各地にできた団体を組織化・恒常化させる目的で,いくつかの有力な農談会と農政官僚らが中心になって,1881年に民間団体の大日本農会が結成された。大日本農会は機関誌を発行して農事上の知識経験の交流をはかったり,各種の会合を開催するなどの活動を行ったが,任意加入の民間団体では農事改良の目的には十分でなかった。…

※「大日本農会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大日本農会の関連キーワード判形ものかな説教等妨害罪長崎旅博覧会エナント酸エチルガラクチトールボーア速度南嶋民俗資料館国連生物多様性条約会議ツバキ油(椿油)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大日本農会の関連情報