休幕(読み)きゅうばく

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐ばく キウ‥【休幕】

〘名〙 摂政、大臣などが出先で休息し宿泊する所。
※小右記‐永祚元年(989)三月二三日「辰時自宿所摂政殿御休幕是興福寺所儲」

やす‐まく【休幕】

〘名〙 休憩の席を外部から見透されないために張りめぐらす幕。儀式などの時、庭や廊に幕を張って、官人の休息にあてる所。
※栄花(1028‐92頃)音楽「さて御やすまくに入らせ給ぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android