会寧五洞遺跡(読み)かいねいごどういせき(英語表記)Hoeryŏngodong‐yujŏk

世界大百科事典 第2版「会寧五洞遺跡」の解説

かいねいごどういせき【会寧五洞遺跡 Hoeryŏngodong‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道会寧郡会寧邑五洞にあって,無文土器(青銅器)時代における朝鮮半島東北地方の代表的集落遺跡。豆満江中流域右岸の沖積台地に立地し,数万m2にわたるが,そのうち400m2が,1954年と55年に発掘調査された。その結果,住居跡8基と,石器製作所と思われる作業場が検出され,無文土器をはじめ,多数の磨製石器と少量の打製石器を含む5000余点の遺物が採集された。住居跡は長方形もしくは方形の平面形をもつ竪穴式で,長軸の方向に4列ずつの柱穴群を備えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android