コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会田吾山 あいだ ござん

2件 の用語解説(会田吾山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

会田吾山 あいだ-ござん

1717-1788* 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)2年生まれ。佐久間柳居(りゅうきょ),のち白井鳥酔(ちょうすい)にまなぶ。俳諧(はいかい)宗匠となり,明和6年江戸座判者。門人に滝沢馬琴(ばきん)がいた。編著に俳諧用語集「翌檜(あすなろう)」,全国的規模の方言辞典「物類称呼(ぶつるいしょうこ)」など。天明7年12月17日死去。71歳。武蔵(むさし)越谷(埼玉県)出身。姓はのち越谷。名は秀真(ほつま)。通称は文之助。別号に師竹庵など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

会田吾山

没年:天明7.12.17(1788.2.24)
生年:享保2(1717)
江戸中期の俳人。会田氏,のち越谷氏。名は秀真。通称は文之助。別号は古馗庵,師竹庵,涼華房。はじめ佐久間柳居に師事し,のち白井鳥酔に従う。明和1(1764)年から宗匠生活に入り,点者ともなった。安永ごろから『東海藻』と題する歳旦帖を毎年刊行しており,著述は多い。方言辞典の『物類称呼』(1775),詞寄の『翌檜』(1779),さらには芭蕉発句の注釈書『朱紫』(1784)も刊行。多彩な活動を示した。滝沢羅文・馬琴兄弟の師でもあった。<参考文献>志田義秀『越谷吾山

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会田吾山の関連キーワード羅城鶏冠原元傘車蝶左坊樗雲貞佐(1)中村佳山(初代)里風帒一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone