コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間柳居(読み)さくま りゅうきょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間柳居 さくま-りゅうきょ

1686-1748 江戸時代中期の俳人。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。幕臣貴志沾洲(せんしゅう)の門にはいるが,江戸座の俳風にあきたらず,中川宗瑞(そうずい)らと「五色墨」をだす。のち中川乙由(おつゆう)の門下となり,蕉風(しょうふう)の復古をこころざし,松尾芭蕉(ばしょう)の五十回忌に俳諧(はいかい)集「同光忌」を撰した。延享5年5月30日死去。63歳。名は長利。通称は三郎左衛門。別号に松籟庵,長水,眠柳など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android