コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間柳居 さくま りゅうきょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間柳居 さくま-りゅうきょ

1686-1748 江戸時代中期の俳人。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。幕臣貴志沾洲(せんしゅう)の門にはいるが,江戸座の俳風にあきたらず,中川宗瑞(そうずい)らと「五色墨」をだす。のち中川乙由(おつゆう)の門下となり,蕉風(しょうふう)の復古をこころざし,松尾芭蕉(ばしょう)の五十回忌に俳諧(はいかい)集「同光忌」を撰した。延享5年5月30日死去。63歳。名は長利。通称は三郎左衛門。別号に松籟庵,長水,眠柳など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐久間柳居の関連キーワード牧冬映(初代)下河原雨塘昨非窓左明多少庵秋瓜小河原雨塘俳諧七部集古川太無加藤巻阿高橋梨一河端五雲白井鳥酔大場寥和会田吾山越谷吾山横田柳几貞享柳居太初

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android