翌檜(読み)あすなろ

精選版 日本国語大辞典「翌檜」の解説

あす‐なろ【翌檜】

ヒノキ科の常緑高木。東北地方から九州にかけて分布。高さ一〇~三〇メートル。樹皮灰褐色で薄く、に裂け、層となってはげ落ちる。葉はやや大きな鱗状で、枝の表側のものは緑色、裏側のものはう質を帯びて白色初夏、細い枝先に青みを帯びた長楕円形雄花と、淡黄緑色で紅色を帯びた雌花がつく。実は一〇月頃熟す広楕円形の球果。材は淡黄色。建築、土木、船、車両、漆器などに利用。日本の特産種だが、化石として外国にもある。樹形がヒノキに似、「明日は(ひのき)になろう」のから名付けたという俗説がある。漢名として羅漢柏をあげるが誤用。あすはひのき。おにひのき。しろび。ひば。あて。あてひ。あてび。あすひ。あすなろう。

あす‐なろう ‥ならう【翌檜】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「翌檜」の解説

あすなろ【翌檜】

ヒノキ科の常緑高木。日本特産。山地に生え、高さ10〜30メートル。樹皮は灰褐色で縦に裂け、葉はうろこ状。5月ごろ、青色で楕円形の雄花と鱗片りんぺんに覆われた雌花とをつける。材は建築・土木・船舶などに利用。名は、俗に「明日はひのきになろう」の意という。あすひ。あすなろう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「翌檜」の解説

翌檜 (アスナロ・アスナロウ;アスハ;アスヒ;アスワヒ;アスワヒノキ)

学名Thujopsis dolabrata
植物。ヒノキ科の常緑針葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android