コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翌檜 アスナロ

デジタル大辞泉の解説

あすなろ【翌檜】

ヒノキ科の常緑高木。日本特産。山地に生え、高さ10~30メートル。樹皮灰褐色で縦に裂け、葉はうろこ状。5月ごろ、青色で楕円形雄花鱗片(りんぺん)に覆われた雌花とをつける。材は建築・土木船舶などに利用。名は、俗に「明日は檜(ひのき)になろう」の意という。あすひ。あすなろう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

翌檜 (アスナロ・アスナロウ;アスハ;アスヒ;アスワヒ;アスワヒノキ)

学名:Thujopsis dolabrata
植物。ヒノキ科の常緑針葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

翌檜の関連キーワード木曽材木工芸品長山洋子会田吾山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android