コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海損 かいそん average

翻訳|average

6件 の用語解説(海損の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海損
かいそん
average

航海に関し船舶または積荷について生じる損害および費用。海損は,それが航海に通常伴うものか,それとも事故のように非常の原因により生じるかにより,小海損と非常海損とに分かれる。小海損は船主が運送賃をもって負担すべきものであるが,非常海損はその負担につき問題が生じうる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かい‐そん【海損】

航海中の事故などによって生じた、船または積み荷の実物損害。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

海損【かいそん】

海上損害のこと。海上保険において保険の目的海上危険によって生ずる損害をさす。海損は広義では航海に際し,船舶または積荷につき生ずる一切の実物損害(船舶・積荷の全部滅失を除く)および費用をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいそん【海損 average】

広義では,船舶の航行に伴って,船舶または積荷に生ずるいっさいの損害をいう。広義の海損には,航海上,通常発生する損害(船体の消耗,水先案内料,入港税の支払など)と,非常の事故による損害とがある。前者を小海損petty averageといい,後者は,非常海損と呼ばれ,狭義の海損である。小海損は,運送賃や積荷の価格のなかに加算される性質のものであるから,とくに海損として法律上の問題を生じない。非常海損(狭義の海損)のうち,船舶または積荷に対する格別の事故によって生ずる損害を,単独海損particular averageといい,船舶および積荷に共通の事由により生ずる損害を共同海損general averageという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいそん【海損】

航海中の事故や海上危険によって船体や積み荷が受ける損害。 「 -契約書」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海損
かいそん

広義では、航海に際して船舶または積み荷について生ずるいっさいの損害のこと。実物海損と費用海損を含む。海損には通常海損(小海損)と非常海損(狭義の海損)の二つがある。通常海損は、たとえば船体の消耗、水先料、積み荷の磨損、入港税のように、船舶や積み荷につき、通常航海に伴って規則的に発生する損害または費用である。これに対して非常海損は、船舶や積み荷につき、通常予見することができない異常の航海上の事故から生ずる損害である。[戸田修三]

共同海損・単独海損

非常海損はさらに単独海損と共同海損に分けることができる。このうち共同海損は、船舶および積み荷に対する共同の危険を免れるために、船舶または積み荷についてなした処分によって生じた損害および費用のことである(商法788条)。これ以外の非常海損を単独海損という。単独海損には、たとえば船舶だけについて生じた損害のように、共同海損の要件を満たさない非常海損(狭義の単独海損)のほか、船舶が不可抗力により発航港や航海の途中で停泊するために要した費用(準共同海損)および船舶の衝突が含まれる。狭義の単独海損に対しては「物は所有者のために死す」という民法の一般法理の適用により、船舶や積み荷の所有者がその損害を甘受せねばならない。船舶の衝突については、国内関係は民法の不法行為および商法の船舶衝突に関する規定(商法797条・798条)が、また渉外関係は統一条約(1910)が適用される。共同海損については商法に詳細な規定があるが(商法788条以下)、実際界ではヨーク・アントワープ規則(2004)によって処理されている。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の海損の言及

【海上保険】より

… このように海上保険はいっさいの海上危険を負担するが,海上危険によって生じたいっさいの損害を塡補するのではなく,あらかじめ取り決められた塡補範囲内の損害のみを塡補する。損害は,船舶・積荷に生ずる物的損害と,事故の結果被保険者が支出した費用(たとえば救助費)に分類することができ,また被保険者が単独で負担すべき単独海損と,共同海損の関係者が分担すべき共同海損に,また被保険利益の全部が滅失したか一部が滅失したかによって全損と分損とに分けられる(海損)。これらの損害のいずれを塡補しいずれを塡補しないかは,被保険利益の種類,保険の目的が被害をうける程度,保険料の高低などに従って,契約のつど保険者と保険契約者の間で取り決められる。…

※「海損」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海損の関連キーワード海商法海難水脈船舶登記航行区域船舶原簿外国船舶航行法船舶修繕保険船舶修繕者工事保険船舶修繕費保険

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone