コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佃節 ツクダブシ

大辞林 第三版の解説

つくだぶし【佃節】

江戸時代、隅田川を往来した遊船などでうたわれた流行歌。 「音締めくるはぬ-/人情本・辰巳園
歌舞伎の下座音楽の一。隅田川の場面や水辺の場面に、騒ぎ唄として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

佃節の関連キーワード江戸時代人情本音締め流行歌