コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位置ベクトル いちベクトルposition vector

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位置ベクトル
いちベクトル
position vector

ユークリッド空間 En (一般にはアフィン空間) において,原点O を定めるとき,このO から En 内の任意の点P にいたる有向線分 を,原点O に関する点P の位置ベクトルという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いち‐ベクトル〔ヰチ‐〕【位置ベクトル】

平面または空間のある点をOと定め、任意の点をPとするとき、Oを始点としPを終点とするベクトル。Oに対するPの距離と方向とを示す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちベクトル【位置ベクトル】

空間に定点 O を定めることにより、空間の任意の点 A が、 O を始点とする一つのベクトルを用いて決まる。このときのベクトル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の位置ベクトルの言及

【運動】より

…また,振幅A,角振動数ωの単振動では,x(t)=Acosωt,v(t)=-Aωsinωt,a(t)=-Aω2cosωt=-ω2x(t)である。(2)平面や空間内での曲線運動 一般の運動のときにはある定まった点(原点O)から物体の位置Pに向けて引いた矢印,すなわち位置ベクトルrの動きが時間tの関数として知れれば運動がわかったといえる。r(t)を与えることは,平面または空間に固定した座標系に対するrの成分,いいかえるとPの位置座標(x,y)または(x,y,z)をtの関数として(x(t),y(t))または(x(t),y(t),z(t))のように与えることと同じである。…

※「位置ベクトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

位置ベクトルの関連キーワードクラウジウスのヴィリアル定理ファインマンスペクトルニュートンの運動方程式双極子モーメントユークリッド空間双極子相互作用力のモーメントアフィン空間ガリレイ変換動径ベクトルコリオリの力テンソル力ホドグラフモーメントパリティ回転運動解析力学面積速度強誘電体空間格子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

位置ベクトルの関連情報