位置効果(読み)いちこうか(英語表記)position effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺伝子が染色体上のどの位置にあるかによって,表現型に生じてくる効果が異なること。遺伝学の原則的な考え方によれば,各遺伝子は独立して形質発現に寄与するが,実際には遺伝子の段階での相互配置により,各種の位置効果が生じる。たとえばショウジョウバエで,2種類の遺伝子 (aとb) が同一染色体に乗っていれば(ab/++),わずかに眼が小さいだけであるが,相同染色体上に分れて乗っていると(a+/+b),著しく眼の小さくなる例がある。遺伝子の位置が変るのは,核分裂の際に起る染色体の一部分切断とつなぎ換えによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android