コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅地高度利用地区計画制度 じゅうたくちこうどりようちくけいかくせいどZone Planning System for Intensive Use in Housing Land

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住宅地高度利用地区計画制度
じゅうたくちこうどりようちくけいかくせいど
Zone Planning System for Intensive Use in Housing Land

土地の有効利用の促進のために求められている大都市地域市街化区域内農地の宅地化を図るため,1990年6月の都市計画法および建築基準法の一部改正によって創設された新たな地区計画制度。これら市街化区域農地を良好な中高層の住宅市街地として整備していくことを目的とする。具体的には,第1種住居専用地域など一定の地域内にあるまとまりのある農地などについて,公共施設の整備が行なわれることなどを条件として,容積率,高さ制限などの都市計画による規制を緩和できることが促進策の主な内容となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android