コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅地高度利用地区計画制度 じゅうたくちこうどりようちくけいかくせいどZone Planning System for Intensive Use in Housing Land

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住宅地高度利用地区計画制度
じゅうたくちこうどりようちくけいかくせいど
Zone Planning System for Intensive Use in Housing Land

土地の有効利用の促進のために求められている大都市地域市街化区域内農地の宅地化を図るため,1990年6月の都市計画法および建築基準法の一部改正によって創設された新たな地区計画制度。これら市街化区域農地を良好な中高層の住宅市街地として整備していくことを目的とする。具体的には,第1種住居専用地域など一定の地域内にあるまとまりのある農地などについて,公共施設の整備が行なわれることなどを条件として,容積率,高さ制限などの都市計画による規制を緩和できることが促進策の主な内容となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android