住民登録(読み)ジュウミントウロク

  • じゅうみんとうろく ヂュウミン‥
  • じゅうみんとうろく〔ヂユウミン〕

大辞林 第三版の解説

住民の居住関係を明らかにするため、住所地の住民票に登録する制度。1952年(昭和27)住民登録法で定められたが67年に廃止。住民基本台帳制度に改められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

すべての国民の住所をその住所地の市町村役場に登録して、その居住関係を明らかにするための制度で、1952年(昭和27)に住民登録法により設けられた。しかし、この制度は住民にとっても、行政の事務処理のうえでも不便であったため、1967年、住民登録を含め各種の届出ならびに台帳を統合し、それをすべての住民行政の基礎として用いるための住民基本台帳制度が置かれ、従前の住民登録制度は廃止された。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 すべての国民の住所をその居住地の市町村・特別区の住民票に登録し、その居住関係を明らかにしようとする制度。昭和二七年(一九五二)住民登録法によって実施され、同四二年住民基本台帳法によって改正された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住民登録の関連情報