コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住民登録 ジュウミントウロク

大辞林 第三版の解説

じゅうみんとうろく【住民登録】

住民の居住関係を明らかにするため、住所地の住民票に登録する制度。1952年(昭和27)住民登録法で定められたが67年に廃止。住民基本台帳制度に改められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住民登録
じゅうみんとうろく

すべての国民の住所をその住所地の市町村役場に登録して、その居住関係を明らかにするための制度で、1952年(昭和27)に住民登録法により設けられた。しかし、この制度は住民にとっても、行政の事務処理のうえでも不便であったため、1967年、住民登録を含め各種の届出ならびに台帳を統合し、それをすべての住民行政の基礎として用いるための住民基本台帳制度が置かれ、従前の住民登録制度は廃止された。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

住民登録の関連キーワード大阪市西成区の大量住民登録問題ホームレス生活の人の住民登録行政サービスと住民登録制度コンピュータリゼーション現役世代の公的医療保険高齢者所在不明問題日米の北朝鮮人権法伊平屋伊是名諸島マイナンバー制度岩城(愛媛県)戸籍と住民登録韓国の在外投票国民総背番号制納税者番号制度根尾谷の奥3区西之表(市)避難者の投票機関委任事務口永良部島田村市都路

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住民登録の関連情報