コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住江(住吉) すみのえ

世界大百科事典 第2版の解説

すみのえ【住江(住吉)】

歌枕。大阪市住吉区に墨之江町の名が残る。《古事記》の仁徳天皇条に〈墨江(すみのえ)之津を定め……〉とある。摂津国住吉(すみよし)郡で,遣唐使もここを利用した。《万葉集》以降この地域一帯は〈住吉〉と表記されることが多くなり,現在も住吉大社がある。日吉(ひえ)神社が日吉(ひよし)神社と読まれるのと同様に,それが〈すみよし〉と読まれるようになった。平安時代にはおもに〈すみのえ〉は入江,〈すみよし〉は郡名,社名,浦,里などに用い,別語になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の住江(住吉)の言及

【住吉】より

…現在の大阪市住吉区に比定される。古くは大阪湾の入江で住江(吉)(すみのえ)と呼ばれ,墨江(すみのえ)とも書かれた。またその港は墨江津,三津(みつ)といわれた。…

※「住江(住吉)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android