住江滄浪(読み)すみのえ そうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住江滄浪 すみのえ-そうろう

1691-1728 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)4年生まれ。中瀬助之允の弟。住江宗春の養子となり肥後熊本藩につかえる。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の古文辞学をまなぶ。服部南郭と交遊。詩文書画にもすぐれた。享保(きょうほう)13年7月13日死去。38歳。本姓は中瀬。名は昭猷。字(あざな)は君徽。通称は万之允(丞)。姓は墨江ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android